2019.3.27

営業生産性向上の仕組みづくりで業績アップ ~マーケティングオートメーション/クラウド活用術~

営業活動の生産性には、経営資源に対する業績のバランスが大事です。

■経営資源=営業マンの労働時間(人件費)  ■業績=新規開拓件数・契約件数

 

 少ない経営資源(=営業マンの労働時間)の投入で、最大限の営業成果を獲得するために、営業の量(稼働率)との質(パフォーマンス)の向上が重要だと考えます。

 このセミナーでは、「効率のいい営業活動を行う」ノウハウをお伝えします。

 

タイトル 営業生産性向上の仕組みづくりで業績アップ ~マーケティングオートメーション/クラウド活用術~
開催日 2019年4月18日
時間 14:00 - 17:00(受付開始 13:30)
会場 沖縄県立博物館美術館 美術館講座室  MAP
費用 無料
定員 20名
主催 toBeマーケティング株式会社、株式会社テラ・ウェブクリエイト
第1部

『経営/営業を変革するマーケティングオートメーション 』



小池 智和 氏
toBeマーケティング株式会社
代表取締役CEO
リクルートにて企業の販促支援事業の営業を経て、ネクスウェイでネット広告事業の立ち上げおよび商品開発責任者を歴任。その後、セールスフォース・ドットコムでパートナーアライアンス部にてパートナー支援や地域スキームを構築。マーケティングオートメーションシステムの導入支援に特化した事業推進のため、toBeマーケティングを設立。

 

第2部
『業績アップ間違いなし!クラウド徹底活用術』



寺田 克彦
株式会社テラ・ウェブクリエイト代表取締役
沖縄県名護市出身。
琉球大学 工学部 エネルギー機械工学科卒業。
大手自動車部品メーカー 開発課 コンピュータ解析部門、 WEBシステム開発系ベンチャー企業を経て、2008年地元沖縄で創業。主に中小企業を中心に、クラウド型業務プラットフォーム、セールスフォースの導入・構築支援を行う。

・SalesCloud 認定コンサルタント
・Pardot 認定コンサルタント
・EvernoteBusiness  認定コンサルタント

 

お申込みはこちらから: